営業時間変更のおしらせ

たいへんご好評いただきましたobktc個展”縁日”は、昨日を以て無事閉幕致しました。

ご来場いただいた皆様、obktcさん、ケンティさん、楽しい時間を有難うございました!

さて、片づけを終えひと息ついたところでまた週末を迎えるわけですが、なんと明日は台風が襲来する見込みとのこと。

つきまして、8/13(土)は12:00-17:00の営業とさせていただきます。

どうぞ皆様宜しくお願い致します。


来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くやもしほの 身もこがれつつ ~ Olde Homesteader/ EQP005

好評開催中のobktc個展”縁日”。

昨夜はお待ちかねの夕涼み会でした。

obktcさんと杉山賢人さんが一曲ずつ交代しながら歌い、服と絵と音楽がのんびり和気藹々とした雰囲気の中で調和して、とても心地好い時間を過ごせました。
その余韻はいまも残っています。

7/30から一週間予定がずれたのもあって、まだかまだかと思っていましたが、待っただけの甲斐はありましたね。

なお、個展自体は8/11まで開催しておりまして、最終日にもobktcさんは在店される予定です。
昨晩都合があわず会いたくても会えなかった方は、この機会をお見逃しなく。

さて、待ったと言えばこのOlde Homesteaderの新作にも言及せねばなりません。

なんと予定納期から半年も遅れて完成した薄手のニットTシャツです。
ぎりぎり夏に間に合いました。



なんと今回は生地どころか糸から開発しています。
そこまでして実現したかったのは何か、見ていきましょう。

超長綿スヴィンをベースにブレンドした糸を用いて、通常の天竺よりもかなり甘く編む一方で、裏面を鹿の子編みにしています。
この構造によって、柔らかく伸びがよいだけでなく、ユルユルとだれすぎず程よく形状を保ちます。

また、糸自体が乾いた風合いであることにくわえ、肌離れのよい鹿の子組織の質感も相まって、高温多湿の時期でもさらりとした着心地を維持してくれるのも見逃せないポイントです。

先述したように編みを甘くしていますので、首元はよれないよう通常よりもタイトめに設定されています。

OLDE THINGSの服ではお馴染みの現象で、洗うとかなり変形します。
平置きの参考データとしては

着丈 +2.5cm
身幅 -2.5cm
肩巾 +5cm
袖丈 +1.5cm
袖幅 -2cm
首回り -2.5cm

別物といってくらいのサイズ変化です。

もともとコンパクトな首回りがさらに小さくなるのにお気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、そこはご安心を。
なぜか洗いをかけると伸縮性が高まり、むしろ着脱しやすくなります。
店主が私物で実験して確認しました。

そして、変形したあとにとても綺麗な形に収まりますから、ご購入のあとは着る前に一度洗うのをお薦めします。

袖と裾のリブはかなり広め。
きつすぎず、でもゆるくない、絶妙なフィット感を味わえます。

肌への当たりと伸びやかな着心地を考慮した、肩の縫い目のない形状となっています。
こうしたこれ見よがしではない気配りが、多くの愛好家を獲得している所以でしょう。

店頭では目の鋭いお客様からすぐにその存在を察知され、早くも動き始めてまいりました。

“肌着の魔人”Olde Homesteader渾身の一作、是非ご検討ください。

オンラインストアはこちらです→ ブラック/ エクリュ


ブルー・フィクサー ~ blanc/ one tuck trousers

店休日や個展が重なったのもあって、久々の商品紹介となってしまいました。
ご無沙汰しております。

現在生産を中断している不朽の名作、通称”ブランパンツ”の後継モデルとして春に登場、こちらもご好評いただいている”one tuck trousers”に、目も覚めるような新色が加わっています。


今回用いられている生地は太番手の双糸をざっくり織りあげたコットンサージ。

いわゆるフレンチワークジャケットなどに使われているものに近いですね。

前回入荷したモールスキンよりも薄い生地で、とはいえしっかりした剛性は備えており、夏に限らず、通年着用可能です。
洗いこむと次第にほぐれ、穏やかに柔らかくなっていきます。

ユニセックスの2サイズ展開ですが、内側に配されたイージーパンツ仕様というのもあって、幅広い体型の方に対応し、また見た目以上に気楽な穿き心地を愉しめます。

現在工場ではなくアトリエにてデザイナーのお二人の手で一本一本作られているため、生産数には限りがございます。

とかく人心荒れた世情です、こうして蓄積していくブルーな陰鬱を、心弾む美しいブルーに塗り替えて、乗りきっていきましょう。

オンラインストアはこちらです


“縁日”がはじまりました

少し早めの夏休みをいただきまして、気分も新たに戻って参りました。

折しも、ちょうど今日からobktc個展”縁日”obktc個展”縁日”のはじまりです。

残念ながら本日開催予定の夕涼み会8/7に延期となりましたが、絵はすでに揃い、店内がとても新鮮な雰囲気に満ちています。

なお、A4サイズ以上の絵は、会期中に売約いただいてもお渡しはイベント終了後となります。
基本的には店頭での手渡しとなり、配送の場合は送料をご負担いただくこととなりますので、どうぞご協力宜しくお願い致します。

一方、エントリーラインというわけではありませんが、サイズ的にも価格的にも手に取りやすいポストカードサイズの作品は、その場でお持ち帰り可能です。

当然のことながらすべて一点ものですから、気に入った絵があればご決断はお早めに。


7/30の夕涼み会について

一昨日、7/30から開催されるobktc個展”縁日”初日の夜を彩る夕涼み会につきまして、予定通り決行とお伝えしましたが、諸事情を鑑み、8/7に延期とさせていただくことになりました。

それに伴って、18時閉店予定だった7/30の営業時間は、平常通りの20時までとします。

夕涼み会は延期となるものの、個展自体は変わらず開催されますので、どうぞ宜しくお願い致します。


臨時店休日のおしらせ

来たる7/28(木)、7/29(金) は店休日とさせていただきます。
ちなみに、7/27(水)が定休日ですので、三連休です。

この期間もオンラインストアでのご注文は承っておりますが、出荷は7/30以降となります。
何卒ご容赦ください。

この連休が明けましたら、いよいよobktc個展”縁日”が始まります。

コロナの感染者数は日々増えているところですが、初日の夕涼み会は予定通り行いますので、お互い気をつけるべきところは気をつけながら、素敵な時間を共有しましょう!


夏にありがとう ~ EEL Products/ merci shirt

ただでさえ不快な話ばかりの昨今、輪をかけるように悪天候続きで、ほんとうにうんざりするような日々でした。

天気予報によると、週明けからはようやく全国的に晴れの日が続くとのことでして、実質的な梅雨明けはどうやら今週末だったようです。

あらためて、夏の到来を祝うとしましょう。

ここ数年の夏の定番として、今年もEEL Productsから届いたmerci shirt。
ついにその真価を発揮するときがやってまいりました。




インド綿の生地を無地+柄物で重ね袋縫いにした独特な構造で、仄かな透け具合が目にうれしいシャツです。

今年の色柄は、涼しげなサックスブルーと南国リゾート柄の合わせ、

白に先ほどとは色も柄も異なる南国リゾート柄の合わせ、

そしてこの2種類とはがらりと趣を異にした、黒無地+水玉の合わせ。

重ねているといえど、とても薄手く清涼な生地です。
蒸し暑い日本の夏でも、心地好い着心地が愉しめます。

今年は残暑が厳しいと聞きますし、夏物衣料を手に入れるのもまだぜんぜん遅くはありませんよ。

オンラインストアはこちらです→ サックス×アロハ/ ホワイト×アロハ/ ブラック×ドット


“縁日” 続報

obktc個展”縁日“も、いよいよ2週間後に迫りました。

告知後オンラインオフラインと多くの方からの反響を賜り、なかでも「obktcさんはいつ在店されるのか」を気にされる方がちらほらと。

全体のスケジュールはまだ未確定の部分が多いのですが、まずは一日確定しましたので、正式に発表致します。

初日である7/30 8/7、obktcさんは終日在店となります。

当日は通常営業時間を18時までとし、その後は3時間ほど夕涼み会的な時間を設けます。

ミュージシャンであるobktcさんの弾き語りライブも、19時くらいから行う予定です。

そしてこのために、スペシャルサポートメンバーとしてグラフィックデザイナーなど幅広い分野でも活動されているミュージシャン、杉山賢人さんにもご参加いただけることとなりました。

会費は基本無料ですが、ライブに限っては投げ銭制となっております。
予めご承知置きください。

また、出入りは自由ですので、途中でふらりとお立ち寄りいただいたり、ちょっと抜けて仲町台のどこかでごはんを食べてからまた戻ってきたりと、めいめいお好きなように愉しんでいただけます。
仲町台は小さな町ながら良質な飲食店が多いので、お越しの際は是非そちらもご堪能ください。

このところのコロナ感染者の爆増は正直不安ですが、極力感染拡大防止に努めながら、皆様にとっていい時間を提供できればと考えています。


夏の太陽 ギラギラまぶしいから ~ Ithe × Seeding/ Gardening Hat

お隣りセンター南に拠点を置く造園外構工事会社Brocante

とても素敵なその仕事の裏付けとなる確固たる美意識は作業着にも貫かれており、スタッフの皆さんが着用するワークコートは、Itheが手掛けた特注品です。

このコートはスタッフのあいだでとても好評だったらしく、これに加えて新たな仲間が誕生しました。

それが、庭仕事用の帽子です。

Itheで帽子というのは新鮮に感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、実はItheの吉﨑氏はもともと帽子デザイナーでもありました。
ゆえに、ちょっと帽子でも作ってみました、なんて代物とはわけが違います。

最大の特徴は、前後非対称の鍔。

とくにいまの時期など、屋外で作業をしていると、うなじが焼けてしまいます。
それを防ぐためには、鍔の後方にはじゅうぶんな幅が必要です。

とはいえ、全体的に鍔を広く設定してしまうと、作業の邪魔になってしまい、それはそれでよろしくありません。

そこで、このように前方はほどほどに、そして後方にぐっと広がった鍔となりました。

裏面は、汗ばむ時期でもべたつきにくいようメッシュが張られています。

なお、オレンジのラベルに銘打たれたSeedingは、Brocanteの運営する、庭と植物にまつわるライフスタイルメディアでありグッズ販売部門の名です。

さらに、後頭部にはベンチレーションホールが設けられ、内部の熱と湿気を逃がします。

このベンチレーションホールの下には伸縮性のある素材を用いたアジャスタ。

きゅっと締めてフィット感を増すだけでなく、逆に暑いときなどは緩めたりと、状況に応じて役立ってくれます。

Gardening Coatと同じく撥水性とストレッチ性を備えたポリエステルの生地が採用されています。
洗濯機で洗うことも可能で、しかもすぐ乾く、とても機能的な素材です。

このように造園の作業に向けての機能が満載された帽子ですが、さすがIthe、野暮ったさが徹底的に排除されたデザインは街にも溶け込みます。
ですので庭仕事や屋外作業に想定用途を限らず、まずは一度試してみてください。

オンラインストアはこちらです→ ベージュ/ ネイビー


レインボー・ロード ~ KIMURA/ 20 needles CUBA shirt

暑いとはいっても極端にではなく、そこそこに晴れた投票日和。

一昨日の事件がどのような影響をもたらすのか、現時点ではまだ何もわかりませんが、何にしても今後のこの国を、いや我々の生活を左右する重要な選挙です。
せっかくの権利です、投票に行くことが可能なのであれば、是非熟考のうえで一票を投じてください(こちらもご参照あれ)。

そしてそのあとには、届いたばかりのKIMURAをご覧になるのも一興でしょう。

昨年の夏に大好評を博したキューバシャツ、その黒が再び入荷し、

あわせて新色のチャコールも登場しました。

グァヤベラシャツ、いわゆるキューバシャツを再解釈したデザインで、概ねそう呼ばれるシャツの特徴である前身頃の刺繍の代わりに、KIMURAならではの20連ステッチが叩き込まれています。

1.2cm幅に20本という縫製の尋常ならざる緻密さにも驚かされますが、

このステッチは単なる飾りではなく、前身頃と後身頃を接合する役割も果たしています。

通常は両脇にあるはずの接ぎ目がありませんよね。

そう、このシャツは後ろ側から前身頃の半分くらいまでぐるりと囲い込んだ構造となっています。
つまり、袖も後身頃に相当するパーツに穴を開けて、そこに嵌めこんでいるわけです。

この特殊な形状により、体を筒状に包み込むような、独特の円みが生まれています。

実に挑戦的な、KIMURAらしいシャツです。

そしてこれだけでは終わりません。
KIMURAは常に前進を続けます。

20連ステッチにさらなる可能性を見出し、通常同色の糸を用いるところにマルチカラーの糸を採用した実験作が誕生しました。

近くに寄ってみましょう。

民族的で、モダンで、実に不思議な色柄ですね。

これは狙って描かれているわけではありません。
ポイントは、不規則的に色が移り変わっている糸です。

これを用いて高密度ステッチを連ねることで、文様が浮かび上がります。

均一ではないからこそ現れる、予定調和ではない美しさ。

我々の社会も、個々の不均一性をその不均一性ゆえに排除するのではなく、尊び、そして合わさったときに美しい文様を描くようでありたいものです。

オンラインストアはこちら→ ブラック/ チャコール/ チャコール×マルチカラーステッチ#3