里の秋 ~ tilt The authentics/ CLICA Mat Cloth Coverall

当店だけでなく、はっきりと見て取れるくらい全国的に年々評価を高め続けているtilt The authentics。

もともと得意としていたパンツはもちろんのこと、シャツ、アウターと、アイテムの枠を問わずtiltらしさはそのままに切れ味は増す一方で、とりわけアウターのクオリティは行きつくところまで行きついてしまったのではと思わせられます。



このカバーオールにしても、その奥ゆかしさゆえについ気に留めず過ごしてしまいそうになりますが、いやいやとんでもない怪物です。

まず驚くべきはこの生地、単なる上等なコットンダック・・・ではありません。

コットン、リネン、それになんとカシミアを混紡した特別仕様のオックスフォードです(商品名にあるCLICAは、Cotton, LInen, CAshmereですね)。
大胆にも裁断前に洗いをかけることで、角が落ち、ふっくらした風合いが引き出されました。

流麗なカーブを描く襟には、大ぶりのチンストラップ。

これを用いてスタンドカラーのように着るのも乙なものですし、

チンストラップを使わないときは襟の後ろに留めておくこともできます。

袖口のカフスのふっくらとした立体感からも、品質の高さが滲み出ています。

こうしたディテールを眺めるのも愉しいのですが、しかしもっと堪能するには、やはり実際に袖を通してみることです。
驚くほどの軽快さ、肩のなだらかに落ちる曲線の美しさ、体の動きに難なく呼応するしなやかさ、どれも理屈抜きに体が納得するに違いありません。

明日か明後日あたり、急激に秋が深まっていくと聞きます。
秋の御伴の候補として、是非ご検討ください。

オンラインストアはこちらです→ チャコールグリーン/ アンバー


ちいさい秋みつけた ~ HAVERSACK ATTIRE/ 強撚ウールチェックローブコート

どうも依然として最高気温が高めなので、頭で理解しているほどには実感が湧かないのですが、きょうから10月です。

天気予報を見ると、あと数日はいまと同じように夏の余波のような暑さが続き、しかし木曜あたりから急激に冷え込むとか。
ですので、この週末あたりからそろそろ感覚的にも秋に切り替えていかないと、風邪をひいてしまいそうですね。

というわけで、さすがに9月のご紹介は躊躇していたコートの話をします。


コートといっても、さすがに防寒性能バッチリの本格冬仕様ではなく、秋向けの軽快なものですのでご安心を。

ウールの強撚糸を織り上げたチェック柄の生地を、一枚仕立てにしています。
適度な厚みと奥行きのある織り柄で、軽快ながらもしっかりと季節の匂いが醸し出された生地です。

このジェントルな生地を用いながら、剛健な古着のショップコートを思わせる角の立ったパッチポケット。

クラシカルでいてクラシカルになりすぎない、HAVERSACKならではのバランス感覚が発揮されたデザインワークです。

なお、共生地のベルトが付属しており、これで腰をぎゅっと絞れば、ローブのような佇まいに変化させることができます(ローブの語源についてはこちらの過去記事もご参照ください)。

もちろん、このベルトを使わず、何ならボタンを留めずに前を開いて着ても、だらしなくなることなく美しいラインが描かれます。

お好みやその日の気分、装いに応じてご自由にお召しください。

なお、このコートはレディースのサイズもご用意しました。

レーベルはATTIREではなくHAVERSACKになりますが、これはATTIREがメンズ専用ブランドだからであり、つくりとしてはメンズをそのまま小さくしただけです。

秋冬とひとことで括られがちではあるものの、冬には冬の、秋には秋の服の愉しさがあります。
そんな秋を味わうには、うってつけの一枚ですよ。

オンラインストアはこちらです→ メンズ/ レディース


ソフィアの夜明け ~ Ithe/ No.55-Bg

表を歩いていると、ふと漂ってくる金木犀の香り。
もう秋は始まったとみてよいでしょう。

相変わらず途切れることなく新作が各ブランドから続々と届いており、店内も秋一色に染め上がりました。

そろそろ羽織ものが欲しい時期、けれどあまりに暖かいものはまだ早い。
そんな曖昧な時期ですから、巷ではときに「着るものに困る」とまで言われますが、暑すぎず寒すぎずで、本来は服が愉しくなってくる季節です。

それでも困るものは困る、と仰るならば、こうした軽快かつ軽快すぎない一着があればきっと重宝します。


「日常の制服」Ithe。

その新作であるNo.55-Bgは、Itheにしてはちょっと癖のあるデザインが面白いジャケットです。

デザインの元になったのは、1950~60年代にかけてブルガリア軍で用いられていたスリーピングシャツ。要はパジャマの”上”ですね。

元ネタは、さまざまなタイプのストライプ生地が用いられることが多く、それはそれで特徴のひとつではあるものの、ここを敢えてほんの少し厚みのあるコットンの生地に変換することで、シャツからジャケットへと役割を移しています。

ポケットはサンプリングソースのままであるにも拘わらず、生地とサイズバランスが違うだけで、いわゆるカバーオール調に見えてくるから不思議なものです。

すでにお気づきかと思われますが、前立てにはボタンがなく、代わりに紐を結んで留めるようになっています。

紐をほどいた状態も、これはこれでなかなかユニークな雰囲気です。

この紐のインパクトゆえに、単体で見るとやや難しそうな印象を受ける方も、なかにはいらっしゃいます。
でもご安心ください、着てみると想像以上にすっと馴染みます。

織りの密度が高いため、比較的風を通しにくく、中に着るものを調節することで比較的温暖な時期から初冬まで(そして春も)対応してくれるはずですよ。

オンラインストアはこちらです


おとなの時間 ~ SIDE SLPOE/ Washable Silk/H-T Cotton Knit Turtle Neck Pullover

先日公開された、店主登場のYouTube動画【大人の座談会】。
全3~4回に分けるようでして、いまのところ2回までがアップロードされています。

Pt.1 「衣」の必要性

Pt.2 店主のトガりと職人の興味

次回は2週間後くらいに公開されるようですので、引き続きお楽しみください。

さて、この動画でご一緒した川内さんと森さんは、ともにフリーランスではありますが、当店で取り扱っておりますSIDE SLOPEにも関わっている人たちです。

シーズンを重ねるごと着々と評価を高めてきているこのブランドから、秋の新作が届きました。




表側にシルクを、肌に触れる面にコットンの強撚糸を配した編地で、シルクのなめらかさとコットンのさっぱりした感触がお互いの長所を引き立てています。

一見するとプレーンな型のようで、裾と袖口のリブ編みにさり気なくひと仕事が。

地がそれほど厚くないため、単品ではもちろんのこと、ジャケットやカーディガンの下に重ねて着るにも向いています。

シルクは温暖な時期には涼しく、寒い時期には暖かい素材です。
どちらにしても極端な温度には向いていないとはいえ、朝晩の寒暖差が大きく、また気温も一定しないいまの時期には抜群の使いやすさを発揮します。

しかもこのシルク、特殊な処理が施されているため、家庭で洗えてしまいます。
見た目以上に頑強で扱いが楽というわけです。

スペシャリストならではの発想に、自社工場を構える専業メーカーならではの高い品質が掛け合わさった、控えめにしてとびきりのニット。
まずは一度お試しください。

オンラインストアはこちらです→ ブラック/ チャコール/ オフホワイト


パパに会わせたい人がいるの ~ TRAVEL SHOES by Chausser for MASTER & Co./ MC1396 Tassel Loafer

スマートなデザインは言うまでもなく、その実用面でのパフォーマンスの高さから、多くの女性に愛されているChausserのTRAVEL SHOES。

定番モデルであるコインローファー(当店では未展開)をベースに、いつもとは一味違う佇まいのタッセルローファーが登場しました。

特殊加工が施されたことで、撥水性と排湿性を備えているレザーアッパー。
トラベルシューズといえばこの革です。
雨の日でも気にせず履けるのはうれしいですよね。

欧米メーカーの靴に比べて踵がコンパクトに設計されていますので、ローファーの宿命である抜けやすさは軽減されています。

ソールは、ショセオリジナルのパターン(世界地図柄)に成形された、Vibram社製ICE TREKを採用。

このラバーはもともとは冬靴用に開発されたもので、-20℃でも硬化せず、氷上や凍った路面でもすぐれたグリップ力を発揮します。
気温に左右されない柔らかさは、季節を問わず快適な履き心地と歩きやすさを実現してくれます。
耐久性が極めて高く、なかなか摩耗しないのも特筆すべき点でしょう。

靴箱の代わりに、布の巾着袋が用いられています。
トラベルシューズの名の通り、旅行のときなどに持参したりと、いろいろな場面できっと重宝するはずです。

こうしたトラベルシューズならではの機能性に、タッセル使いや中敷の色遣いに見られる、いつものショセらしからぬ外連味。
実はこの靴、ショセのインラインではなく、MASTER&Co.のディレクションを通しています。

ちょっと意外な組み合わせとも言える2ブランドの共同作業が、両者の特徴を併せ持つ素敵な靴を生み出したというわけです。

デザインにも機能性にも一切の妥協を許さぬ目の厳しい女性の皆さま、是非お試しを。

オンラインストアはこちらです→ ワイン/ ブラック/ ブラック×ホワイト


【大人の座談会 Part 2】が公開されました

先日公開され、ご好評賜っております『人脈開放宣言』の店主登場動画【大人の座談会】。

中年は話がつい長くなるもので、今回の動画は前編・後編に収まらず複数回にわたりますが、先ほどその第2回がアップロードされました。

おじさんは、愛の話をしますよ…。


あなたが好き きっと言える ~ K.ITO/ 圧縮スムースカーディガン

おひさまがなかなかちゃんと顔を出してくれないのもあるとは思いますが、比較的涼しい日が続いて、さすがに半袖一枚というのも妙な感じになってきました。

こんな季節は、カーディガンが八面六臂の活躍をしてくれます。

それもあってか、店頭で注目度が高まってきているのがこちら。




ウール天竺と並ぶK.ITOの秋冬定番素材である圧縮ウールスムースを用いたカーディガンです。

一見するとフェルトのようですが、編地を圧縮させているため、驚くほどの伸縮性を備えています。

この素材の特性にくわえ、変形ラグランスリーブをはじめとした独自のパターンワークが、心地好い着心地を生み出しました。

胴の両脇に接ぎ目が存在せず、一枚の布でぐるりと胴を包むようなつくりです。
かつ袖が腕を180度上げた状態で縫合され、肩から腕が動かしやすくなっています。
目立たないながらも実に複雑な構造で、さすがK.ITOと唸らされますね。

前立てはグログランテープで補強され、手作業で縫い付けられたボタンがさらに外れにくく。

両脇のポケットは見た目に響かないよう内側に配置されました。

こうした地味でも細かい仕事が、服の総合的な完成度を高めてくれます。

比較的多めに仕入れたものの、それでもご好評につきだんだんと在庫は薄くなってまいりました。

気になる色、サイズがあれば、いまのうちにお試しいただいたほうがよさそうです。

オンラインストアはこちらです→
ダークグリーン/ ロイヤルブルー/ ライトブルー


【大人の座談会 Part 1】ふたたび人脈が開放されました

昨年の秋につづいて、人間ブローカー川内主税さんのYouTubeチャンネル『人脈開放宣言』に店主登場しました。

今回は我々2名だけでなく、フリーランスでニットメーカーの仕事やご自身の作品作りなどの活動を行っている森さんも交えた鼎談で、この不況下でファッション業界はどうあるべきかというテーマで話し…つつ、だんだんと脱線に脱線を重ねていくという内容となっております。

今回は導入的なところでして、今後2回3回と何篇かに分けて公開されるとのことです。

秋の夜長の一興に、どうぞご笑覧くださいませ。


ショコラの魔法 ~ tilt The authentics/ Sulfur Dye Chino Trousers

台風の影響なのかどうかは知りませんが、にわかに涼しくなってきました。

今夜は涼しいどころかちょっと冷えるそうで、こうした日がだんだんと増えていき、やがてすっかり秋らしくなるのでしょう。

しつこく続く残暑ゆえになかなか仕舞えなかった夏服も、そろそろ今年の役割を終えるときのようです。

たとえばパンツひとつにしても、薄手の軽快なものから、しっかりとした厚みのものへ切り替えていくにはちょうどいい頃合いなのでは。



すっきりとしたシルエットのパンツといえば、まず当店で真っ先に思い浮かぶのがtilt The authentics。

ブランドスタート時からマイナーチェンジを繰り返しながらも必ずそこにいる、代名詞的存在です。

今回は硫化染めが施されたチノクロスを採用。

表面に微細な起毛が立った温かみのある風合いで、ふっくらした肌触りと適度なコシを備えています。

控えめな曲線を描くハンドポケット、ウェストシームに沿うコインポケット、ステッチが表に出ない腰回りなど、瞬間的に印象に残るほど強いインパクトはなくとも、見れば見るほどに細やかなデザインワークが確かめられます。

偏執的なまでに縫製にも気を配るtiltですから、当然のことながら裏側に至るまで一切の手抜かりはありません。

スマートなシルエットとお気楽な穿き心地を高い次元で両立しているのも大きな特徴で、毎シーズンのように新型を買い足していくご愛用者が当店だけでも一人二人ではないという事実が、それを雄弁に語ります。

(ご紹介はまだ少し先になりますが)すでに到着している同ブランドの上着などと相性抜群なのは言うまでもなく、他ブランドの服とも合わせやすいため、一本あれば秋冬を通して何かと出番が回ってくるはずですよ。

オンラインストアはこちらです→ チョコレート/ イエローベージュ