まだ切らない ~ KIMURA/ convertible collar shirt HS & no pinhole shirt HS

出張ユーフォニカで常に意識しているのは、開催地では見ることができないものを厳選するということです。

というわけで先日の香川でのイベントでは四国ではまだ取扱店のないKIMURAももちろんラインナップに加えましたが、その得体の知れない服作りの手法に動揺を隠せぬお客様も少なくありませんでした。

当地でご紹介するにあたりメインに揃えたのがconvertible collar shirtシリーズ。

2022年に登場したBOXの後継として昨年登場したものの、あまりの好評ゆえ弊ブログに載せる隙もなくあっという間に店頭で巣立っていったモデルです。

柔らかなベルギーリネンを用いたそのシャツが、今季再入荷しています。


品名となっているconvertible collarは第一ボタンを留めるとレギュラーカラー、外すとオープンカラーに見える襟型で、KIMURAらしい美麗な形状ではありますが、このシャツの最大のポイントではありません。

ダイナミックな生地使いこそ、このシャツの特徴です。

木村さん曰く「完璧なボックスシャツを目指した」BOXシリーズの特徴である、脇に接ぎを設けず一枚の生地をそのまぐるりと丸めるようにして仕立てた胴回りの仕様を踏襲し、まったくの無裁断で生地を使用しました。

わざわざ「まったくの無裁断」と書いたには理由があります。
前立ての見返し部分をご覧ください。

左右とも生地の耳が見えますね。
そう、単に接ぎがないだけでなく、そもそも生地を切らずにそのまま用いているということです。

これぞまさにKIMURA。怪物の発想。

そして今季の新提案として、同じ型で生地を変えたものも加わっています。



先日ご紹介したnarrowing cardigan(シャツカーディガン)でも使われている、伊アルビニ社製のリネンです。

先に挙げたベルギーリネンのように耳使いはされておらずそこはカットされていますが、木村さんがリネン生地の最高峰とまで評価するほど高い品質を誇り、その肌理が整いきりりとした表情は、同じリネンといってもキャラクターの違いが感じられます。

さらに、同じ型の生地違いながら、その生地の特性ゆえ新たな名を与えられたのがこのno pinhole shirt。


木村さんによって調色されたKIMURA別注のフィンクスコットンブロードが、この構造と悪魔合体しています。

織物を仕上げるとき、熱をかけることで形態を安定させ表面を滑らかにするヒートセットと呼ばれる工程があるのですが、そのとき、ほとんどの場合生地の端にピンを刺して機械に固定します。
生地の耳のあたりにピン穴が見られることが多いのはそのためです。

ところがこの生地ではピンではなくクリップを用いており、端は綺麗なまま。
これがno pinholeの名の由来です。
生地の耳を見ると、まるで鋭利な刃物ですぱっと切られたような印象さえ受けます。

そして、一枚の生地をそのまま使った胴回りは言うまでもなく、

袖口、

裾まで、無裁断で生地の耳がそのまま用いられました。

通常は生地を折り返して縫われているこの部分に、生地の重なりがないというわけです。
そのため、視覚的にも体感的にもはっきりとわかるほど緊張した軽さが生まれています。

まさに、BOXシリーズの系譜の究極形と言えますね。

と、ひとつの型ながらそれぞれ異なる魅力をもった3種類を揃えました。

横浜は本日から梅雨入りしたようで、あと数週間もすれば夏本番といったところ。
うだるような灼熱の季節に、背筋が凍るほどの美しき狂気を以て対抗していきましょう。

オンラインストアはこちらです→
convertible collar shirt HS 
convertible collar shirt HS_Albini linen グレー/ グリーン
no pinhole shirt HS ダークブラウン


仲町台に帰ってきました

お陰様で週末の香川でのイベントも無事閉幕し、緑茂る仲町台に帰ってまいりました。

香川はおろか四国自体初めての来訪で、飛行機でなく新幹線とローカル線を乗り継いで行ったのですが、未踏の土地に行くのは移動だけでも愉しいものです。

新幹線で岡山駅へ、そこからはマリンライナーに乗って瀬戸大橋を渡り、高松駅からJR四国の高徳線で目的地である三本松駅に向かいます。

新幹線~マリンライナーはPASMOを使い、途中からICカード非対応となる高徳線はJR四国専用乗車アプリ「しこくスマートえきちゃん」で乗車しました。

マリンライナーから見た瀬戸内海の景色も素晴らしかったのですが、この高徳線がまたさらに旅情を誘います。

車窓越しの田園風景も関東のそれとは何かが違いますよね。

我が家を発ってから6時間半、ようやく三本松駅に到着。

ちなみにこの高徳線、架線がありません。

そう、この車両は電車でなく汽車(気動車)なんですね。
ですので、自動車のようなモーター音や排気ガスの匂いがしたりして、これがまた胸躍ります。

三本松駅からイベント会場であるUNWASTEDさんは徒歩1~2分程度の距離です。

実はこの日サングローブさんの工場にてhandson gripの生産現場を見学させていただきまして、まさにそこでは当店でも追加オーダーしているFam+のパーツを縫っていたりしていたのですが、その様子は秋ごろに改めて。

会場の設営を終え、

UNWASTEDの皆さんと一緒に香川名物・骨付鶏に舌鼓。

その後、駅前の素敵なイタリアンレストランにてワインでさらに英気を養います。

明けて当日。

昂奮もあってずいぶんと早く目が覚めてしまったので、散歩に出ることにしました。

能褒野(現在の三重県)で斃れ、白鳥になったヤマトタケルノミコトがこの地に舞い降りたとの伝承が残る白鳥神社。

いわゆる「映え」度が高く、エンターテインメント性に富んだポップな神社でした。

朝の瀬戸内海の穏やかな美しさ。

波がとても静かで、台風が来ても荒れることは稀なのだとか。

「うどんは朝がうまい」
ということで、サングローブを率いる内海兄弟とともに地元の人が太鼓判を押すお店でいよいよ本場のうどんをば。

うどんは言うまでもなく、朝獲れたイカや讃岐のアスパラガスの天麩羅がまた凄まじい美味で、イベントに向けてエネルギーが注入されます。

そして開幕。

香川では扱っていない商品ばかりですから、ほぼ認知もされていないわけですが、たいへんうれしいことに多くの方からご好評賜り、忙しく時間が過ぎていきました。

この日は晩ウェイステッドも同時開催。

香川県内だけでなく徳島からも、精鋭の飲食店やアーティストたちが続々と集まってきます。

夕方の開始時刻に向けて、ご来場者様はどんどん増え、

日が暮れるころには、さながら町の夏祭りの様相に。

店内は店内でクラブ状態です。

賑やかで愉しい時間はあっという間に流れていきます。

翌朝、再び内海兄弟と前日とは別のお店でうどんエネルギーを注入し、

UNWASTEDにお越しのお客様方をお出迎え。

そうして気がつけば、イベント自体が終わる時間になっていました。

この夜はお寿司屋さんで瀬戸内海の海の幸を。

素材だけでなく、酢飯や調理の技法も関東と異なるため、ただ美味しいだけでなく新たな発見の連続でした。

お世話になった内海家はじめサングローブの皆さんとは、この夜でお別れ。

翌朝は、せっかくなので行きとはちょっと違うルートで高松へ向かいます。

讃岐はかの平賀源内を輩出した地でもありますが、そんな源内にさえもうどんをドッキング。

なんとも可愛らしい琴電に乗り、

あとは軽く高松の街を散策してから帰途につきました。

あらためまして、UNWASTEDおよびサングローブの皆さん、そしてご来場いただきましたお客様方、素敵な時間をほんとうに有難うございました!
いつの日か再訪したいと思いますので、そのときもまた宜しくお願いします。


ザ・スペシャルズ ~ Ithe/ No.28-HTO

HOED新作受注&即売会も無事閉幕し、また日常が戻ってきたと思いきや、、早くも今週末は東かがわのイベントです(そのため、6/14~17は仲町台の店舗は休業となります)。

GO 4 IT! ~ あなたの街のユーフォニカ(東かがわ篇)

出張ユーフォニカ東かがわ篇・続報 ~ ”晩ウェイステッド”開催決定!

完売していたイザT(No.28-HTO)の生産がイベント開催に間に合い、商材に組み込むことができたのは僥倖でした。

イザTといえばのホワイト、

限定復活したブラック、

そしてイザTとしては初の柄物、当店別注による白黒の細ボーダーが、今季のラインナップです。

ボーダーも、いつもの無地と同じ種類の編み地を使用しています。

高密度でしっかりとしたコシと肉感があり、それでいて肌触りにすぐれた、イザTをイザTたらしめる素晴らしい生地です。

袖口と裾は無地同様に天地引き(シングルステッチ)で仕上げられ、すっきりとした見た目と高い耐久性を実現。

技術的に難しく手間がかかるうえ、専用のミシンが必要なため、いまではだいぶ見かけない仕様となりました。

無彩色かつボーダーの線も細いためか、柄といっても無地同様に抜群の汎用性を備え、登場するや否や多くの方々からたいへんご好評いただいております。

この型も登場から6年目を迎えましたが、飽きるどころか可能性の拡がりを感じるばかりですね。

あらためて断言できます、イザTは、日常使いのためのTシャツのファイナルアンサーです。

オンラインストアはこちらです→ ホワイト/ ブラック/ ボーダー(ホワイト×ブラック)


きっと過去も未来も きみと巡り逢い ~ K.ITO/ 超長綿度詰め天竺ポケットTシャツ

近年の夏の異様な蒸し暑さによってすっかり出番を失ってしまったであろう服のひとつが、半袖のスウェットではないでしょうか。

スウェットを着たい時期には心もとなく、半袖を着たい時期には暑すぎる…しかしその独特の形状は捨て難いものがあります。

そこでご紹介したいのが、こちら。




半袖スウェット調のTシャツです。

実は開店当初にも似たアプローチで別の商品をご提案したことがありますが、それ以来ですからだいぶ久しぶりのアプローチとなりますね。

もちろんK.ITOですから、「半袖スウェットっぽいTシャツ」には収まりません。

使われている天竺生地は、超長綿の引き揃え糸を用いて高密度に編まれたもので、肉感豊かな肌触り、艶やかな光沢、しっかりとした弾性を備えています。

スウェット生地のような厚みはありませんが、端に至るまでしっかりとした剛性が保たれているのが見てとれるはずです。

そしてこのブランドならではの、立体的で運動性の高い構造。

脇のパーツは腕をまっすぐ上げた状態に合わせて裁断されており、肩から腕の可動域を確保します。

うなじでは骨の位置、高さに合わせてダーツがとられており、自然にフィット感が高められています。

こうした細やかで複雑な仕事の積み重ねが、このTシャツを他の何とも較べることのできない存在に至らせるわけです。

正直に申し上げて、Tシャツとしてはなかなか高額な部類に属してしまいますが、半袖スウェット…のような、Tシャツ…のような、オリジナリティに溢れた完成度の高い通好みの服、として見れば、それもきっとご納得いただけることでしょう。

オンラインストアはこちらです→ ブラック/ ネイビー/ アイアンブルー


雨は手のひらにいっぱい  ~ beta post/ handle packable blouson

サーバ移転にまつわるアレコレで、弊ブログでの商品紹介はずいぶんと久しぶりとなってしまいました。

いつしか6月に入り、梅雨の気配が色濃く感じられます。

梅雨は単に降水量が多いというより曇天雨天が多く、降ったり降らなかったりとちょっとお天気が読みづらい時期です。
5月に較べ湿度は高いものの気温はやや落ち着く傾向にありますし、夏に至る道の小休止的なイメージで服を選んだ方がよいでしょう。

空がぐずつきがちだとレインウェアが頼もしいとはいえ、たとえばゴアテックスのハードシェルなどはオーバースペックなだけでなく、暑すぎます。

保温性より涼しさが欲しい、天気の急変に対応できるよういつも持ち歩いていたい、となると、薄手でコンパクトにまとまるタイプが便利です。
たとえばbeta postのこのアノラックのように。



薄く軽く強度の高いリップストップナイロンの生地は、撥水性のみならず防風性も高く、雨天時以外にも使いやすそうです。

さて、ここまで簡単に説明してきて、一部の方は「おや?」と疑念を抱かれたかと思います。

beta postにしてはおとなしすぎる。
これで終わるような正統派のブランドではないはず。

そう感じたならご明察、まだこれは序章に過ぎません。

胴の両脇にはジップで調節可能なメッシュのベンチレーションが設けられており、蒸し暑い日に湿気を逃がしてくれます。

この右側(着用者から見て)のメッシュ部分をよく見てみると、小さなカラビナが二つ付属しているのに気づくことでしょう。

このカラビナがついている側をひっくり返しすと袋状になり、アノラック自体を収納することができます。

はい、収まりました。

…ずいぶんと縦長ですね。バナナのようです。

さてここに取り出したるは、レジ袋のような一品。

色や質感をご覧になればお判りのように、アノラックと同素材でできていまして、こちらも最初から付属しています。

アノラックと同じく薄くて強靭ですから、エコバッグ的に日頃から携帯できるのですが、ここに先ほどのバナナ状の物体を装着してみると

驚くことに、ショルダーバッグに様変わり。

そう、このアノラックはハンドルにすることが可能というわけです。

ふと思いついてもまず製品化しない、それを実際に商品として出してしまう。
この大胆なアイディアと行動力こそbeta postの真骨頂と言えます。

便利かどうかはひとまず置いておきましょう。

ただ、雨上がりの夕暮れ時にちょっと荷物が増えてしまったときなど、あたたかい可笑しみとを伴って役に立ってくれる日が来るかも知れませんよ。

オンラインストアはこちらです→ ブラック/ グレー


HOED新作受注会&即売会がはじまりました

あいにくの曇天模様ではありますが、懸念されていた雷雨も何とか回避できたようで、無事HOEDの新作受注および即売会がスタートしています。

受注生産品のパナマハット(税込¥29,700)は3サイズのサンプルをご用意。

7種類のリボンのなかからお好みの一色をお選びいただけます。

また、別売りの箱(税込¥4,400)もございますので、ご希望の方はオーダー時にお申し付けください。

即売対応のボーターハット、いわゆるカンカン帽(税込¥23,100)はMに相当するサイズ2のみです。

なお、このカンカン帽は数量が限られているため、イベント中の動き方によっては途中で即売でなく受注対応に代わる可能性もございます。
この点あらかじめご了承くださいませ。

会期は6/9(日)までとなります。
どうぞ皆様、この機会をお見逃しなく!


出張ユーフォニカ東かがわ篇・続報 ~ ”晩ウェイステッド”開催決定!

だんだんと会期も近づいてきました、出張ユーフォニカ東かがわ篇。

ここにきて、さらに愉しさを増す展開となってきましたよ。

イベント初日である6/15(土)、会場であるUNWASTEDさんにて、16:00から”晩ウェイステッド”が開催されます。

昨年9月に開催し多くの反響があったイベントの第2回目とのことでして、近隣で活躍されている飲食業者やDJが集結、飲食を楽しみながらお買い物もできるナイトイベントとなります。

いちおう形としては
10:00-17:00 出張ユーフォニカ
16:00-21:00 晩ウェステッド
とはなりますが、当然店主も最後までいますから、実質的には21:00まで当店のポップアップは続きますし、飲食の一部出店者様はAM11:00より参加されますので、どちらもほぼ終日開催みたいなものですね。

当日参加される素敵なお店様&DJの皆様はこちら(敬称略)。

・SABI (11:00~)

・OSAEUNE BURGER(17:00~)

・平井料理システム(11:00~)

・DJ SETOUCH BALEARIC (16:00~)

また、駐車場はフリースペースになっていて、ご自身のキャンプギア、テーブル、ランタン、チェアなどを持ち込んでいただいてもOKとのこと。
日が沈むと暗いそうで、LEDランタンなどの持参が推奨されています。

駐車場についてなどは、UNWASTEDさんのインスタグラムに詳細が載っていますので、そちらをご覧ください。

皆様のご来訪、心よりお待ちしております!


HOED新作受注会&即売会を行います

全国の愛すべき酔狂なブログ読者の皆様、たいへんお待たせ致しました。
しばらくサーバ移転絡みで休止していた弊ブログも、何とか諸問題が解決し、本日から意気揚々と復活しております。

さて、この間に新入荷やら何やらといろいろとお伝えしたいことが溜まってきておりまして、緊急性の高いおしらせからどんどん告知を進めていくつもりです。

まず本日は、週末から始まるイベントについて。

ブログ休止中にSNSではお伝えしていますが、6/2(日)から6/9(日)にかけて、HOEDの帽子の新作の受注会および即売会を行います。

夏にうれしいパナマハットと

ボーターハット(カンカン帽)の登場です。

パナマはサンプルをもとにサイズとリボンの色をお選びいただいて受注生産(納期は約一ヶ月)となり、カンカン帽は店頭にて即売となります。

価格は下記の通りです。

PANAMA HAT
¥29700-(税込)

BOATER HAT
¥23100-(税込)

どちらもそれぞれの魅力があり、店頭ではきっとお悩みタイムを愉しめるはず。

SNSでなくブログで当店をチェックされている方々には近々のおしらせになり恐縮ですが、何とか開催前に間に合いましたのでお赦しを。

それでは、皆様のお越しをお待ちしております!


サーバ移行作業に伴うブログ更新の一時休止のおしらせ

(2024/5/30追記:サーバ移設が無事完了し、ブログ再始動しました!)

6月いっぱいをもって当店のブログのサーバサービスが終了するということで、現在新たなサービスに移行する準備を進めています。

これが想定以上に厄介でして、次々と予期せぬトラブル(ほぼすべて現在のサーバ運営会社の問題)が発生。
それでも何とかこの10年分の記録を消さぬべく、日々試行錯誤を繰り返しているところです。

というわけで、一時的にブログの更新を休止させていただきます。

もちろんこれでブログの更新が終わるわけではなく、新サーバに移転次第また本格的に再開するつもりです。

新商品等のおしらせは下記SNSにて引き続き発信してまいります。
情報収集にはこちらをご利用くださいませ。

twitter https://twitter.com/Euphonica_045

Instagram https://instagram.com/euphonica_yokohama

Threads https://threads.net/@euphonica_yokohama

Facebook https://www.facebook.com/euphonica.yokohama

Bluesky https://bsky.app/profile/euphonica.bluesky.social

Mastodon https://mstdn.jp/@Euphonica

なお、更新頻度が高いのはtwitter、Instagram、Threadsです。


の・ようなもの ~ Post Production/ FACE Sandals

気温や湿度が高くなれば、服のみならず足元だってすっきりさっぱりと軽くしたいものです。
となるとスリップオンやサンダルがファーストチョイスといったところでしょう。

そんななか、Post Productionからサボタイプの新作が到着。
初夏~夏の相棒たる有力候補として、我々をさらに悩ませてくれます。

その品名はともかく、これは靴なのかサンダルなのか、デザイナーの甲斐さんの言葉を借りれば「靴のような履き物」ですが、温暖な季節に気軽に履くものという前提に収まらず、履き心地、足当たり、エレガントさなど、結局妥協できない点が積み重なって、そんなぶっきらぼうな表現が相応しいとは言えぬ完成度の高い逸品になってしまいました。

色によって素材が違いまして、黒にはシボの立ったステアレザーを、

そしてライトブラウンには何とファーシール…すなわちオットセイの革を採用しています。

ステアレザーはミリタリーシューズに通じる剛健な顔立ちのキャップトウ、オットセイは素材の迫力を活かすべくプレーントウと、革によってデザインを若干変えていますが、基本的な仕様やその他の素材使いは同じです。

Tear Pumpsと同じくボロネーゼ製法にてつくられ、足を包むようなフィット感が実に官能的。

なお、ライニングには肌触り抜群のエントレフィーノラムが、中底には耐久性と吸排湿性に優れた豚革が用いられました。
ブラックのラムはどうしても色移りが避けられませんが、色止め加工は風合いを損ねますし、やはり中まで黒だと印象が引き締まりますので。

薄めのレザーソールがマッケイのミシンにて接合され、ボロネーゼ製法の軽やかさ、心地好さはそのまま活かされています。

縫い目が露出しないヒドゥンチャネル仕上げによってドレッシーさを出す一方で、しっかりとしたグリップ力を発揮するラギッドなトップリフトを組み合わせるバランス感覚が面白いですね。

バックストラップは、表側がバケッタレザー、裏側がヌバックです。

踵をしっかりと、そしてやさしく固定し、快適な歩行をサポートしてくれます。

と、実用品としての機能性、装飾品としての嗜好性が高い次元で両立した、Post Productionらしい「靴のような履き物」となりました。

同ブランドでは需要の絶えない小振りのサイズはもちろんのこと、いつもより少しだけ大きめのものも入荷しています。
まずは一度お試しを。

オンラインストアはこちらです→ Shrunk Steer(ブラック)/ Fur Seal(ブラウン)